利用規約


利用規約

Bytro Labs GmbHサービス規約
第1条 適用範囲

1.1 Bytro Labs GmbH, Zirkusweg 2, 20359 Hamburg, Germany (以下「Bytro Labs」という) はオンラインゲーム (以下「ゲーム」という)をインターネット上の付加サービスとともに提供する。この付加サービスには、ユーザプロファイルの作成、フォーラムへの参加およびゲーム上のバーチャルアイテムの購入およびその他のサービスが含まれるが、それに限定しない。ゲームのプレイヤーは以下「参加者」という。

1.2 Bytro Labsがサービス(すべての付加サービスも含む)を提供するゲームの参加者には、これらのサービス規約(以下「当規約」という)が専一的に適用される。Bytro Labsはこれに基づき、参加者からのサービスに関する利用条件には同意しない。そうしたサービス利用条件はBytro Labsが明示的に書面をもって同意する場合にのみ適用される。

1.3 当規約はインターネットアクセスに関する質問を含め、サードパーティにより提供されるすべてのサービスに関連して生じ得るすべての質問に対応しない。

1.4 ゲームにおけるゲームルールはゲームのWebサイトで入手できるものとする。ゲームへの参加をもって、参加者はゲームのルールおよび参加の条件を義務として合意するものとする。

第2条 契約の主題

2.1 Bytro Labsはゲームへの参加とゲームに関連する付加サービスを、既存の技術および運用上における可能性の範囲で提供する。Bytro Labsはゲームの参加者に特定の情報を提供し、参加者が特定のデータと情報をインターネット上において表示できるようにし、ゲーム内でパーソナライズされ、他の参加者が閲覧可能なプロファイルを作成できるようにする。また、参加者はディスカッションフォーラムに参加する機会を与えられる。Bytro Labsは参加者にゲームにオンラインで参加するために必要なアプリケーションを提供する。

2.2 基本バージョンによるゲームの利用は無料とする。しかし、特定の付加サービスおよびアプリケーションに対しては料金が設定される(第7条参照)。有料で提供されるすべての付加サービスおよびアプリケーションはWebサイト上で個別に表示されるものとする。

2.3 参加者に最善のゲーム体験を提供する目的で、ゲームは恒常的に改良、アップデート、修正される。そのため、参加者はその時点での現行のバージョンのゲームに参加する権利のみが付与される。Bytro Labsはゲーム、またはその特定の機能の運用を、理由の開示や事前の告知なしに停止する権利を留保する。かかる場合において、参加者はBytro Labsが提供し、かつ利用されなかったサービスについては、事前に行われた支払いの返金を要求できる。参加者が即時的に契約を終了する権利はこれに影響されない。それ以外の要求は除外される。

第3条 参加者

3.1 ゲームは第13条の記載により規定される限りにおいて消費者に提供される。

3.2 ゲームは16歳以上に限定して提供される。16歳未満の者は当ゲームをプレイできない。

3.3 ゲームへの参加は娯楽目的とするものに限定する。

第4条 契約/登録の締結

4.1 ゲームへの参加においてはユーザアカウント(以下「アカウント」という)の登録申請を必要とする。参加者の登録は、登録フォームに記入し、登録プロセス中のチェックボックスのクリックによる当規約への同意により、オンライン上で完了する。当規約は登録フォームを送信する前にプリントアウトしたり、恒久的なストレージメディアに保存できる。

4.2 登録フォーム上で「必須」と記されているフィールドはすべて記入する必要がある。登録フォーム上のすべてのフィールドは必須のものであれ自主的に記載するものであれ、正しく入力されなければならない。登録の時点で参加者は実際に利用可能なメールアドレスを提供しなければならない。

4.3 各参加者が登録し、利用できるのは1つのアカウントのみとする。複数アカウントの登録および利用(いわゆる「マルチアカウント」)は、これを固く禁じる。この項の違反に対して参加者はゲームから即時排除される場合がある。

4.4 アカウントの作成およびゲームとその付加サービスの利用について、法的な請求権は存在しないものとする。

4.5 ゲームへの登録プロセスの間、参加者は、その登録名として利用されるユーザ名を選択する。性的、人種差別的、扇動的、戦争および暴力を賛美するもの、攻撃的なもの、あるいは違法であるような名前の選択は、これを固く禁じる。この項の違反に対してBytro Labsは参加者をゲームから直ちに排除できるものとする。

4.6 ゲームの利用に関するBytro Labsと参加者の間の契約は、Bytro Labsが参加者のアカウント登録申請を承認した時点で締結されるものとする。Bytro Labsはこの申請を明示的に、またはアカウントのセットアップの開始により受諾できる。Bytro Labsは参加者の申請の受領通知を、登録フォームから送信されたメールアドレスへの電子メール送信をもって確認できる。この確認は、申請に対する承認を保証するものではない。しかしながらこの確認は承認と合わせて通知することもできる。

4.7 アカウントの作成および参加者によるアカウント作成の申請の承認について、法的な請求権は存在しないものとする。参加者は自分のアカウントを第三者に譲渡してはならない。

第5条 撤回の権利

撤回の権利に関する指示:

参加者は契約の締結(ゲームへの参加に関する)に対する申請および課金対象となる機能またはアプリケーションに対するあらゆる注文に関して、文書の体裁(例:書状、ファクシミリ、電子メール)で、2週間以内の範囲で撤回できる。参加者はそのための説明を必要とされない。この2週間の期限は、参加者がこの書面での撤回の権利について通知を受けた時点、ただし契約の締結以降、かつBytro Labsが以下の民法典の節に基づいて情報通知の義務を果たした時点以降からの適用とする:ドイツ民法典312c (2) 1節、1 (1), (2), (4) 民法典-InfoVおよび312e (1) 1 節記載の関連する義務、および(3) 民法典-InfoV。撤回の通知は期限内に行われればよいものとする。

撤回の通知は以下の宛先に送られなければならない:

Bytro Labs GmbH

Zirkusweg 2

20359 Hamburg

Germany

メールアドレス: info@bytro.com

撤回の結果:
撤回が有効な場合、両者ともに、受領したサービスを返納し、また適用される場合は利用の状況に応じて払い戻しを行わなければならない。参加者がサービスを完全に返納することができない場合、または参加者が限定的ないし劣化した状態での返納しかできない場合、参加者はその範囲において補填費用を負担する義務を有する。補填費用に関して発生する支払いの義務は30日以内に完遂されなければならない。この時間制限は参加者が撤回の通知を行い、Bytro Labsがそれを受領した時点から適用される。

撤回の権利の終了:

撤回の権利は、参加者がその権利を行使することなく、参加者との明示的な同意の元に契約を締結した時点をもって消滅する。

撤回の権利に関する指示は以上

第6条 ゲームへのアクセスおよび違法な干渉

6.1 登録されたゲームの参加者は、ゲームプラットフォーム上で自分のユーザ名を用いて、インターネット上の対応するURLを参照することでゲームにログインできる。ゲームアカウントの自動的な利用はこれを禁ずる。アカウントへのログインはゲームのホームページを経由する形のみ許可される。参加者は一般のブラウザまたはBytro Labsが提供するソフトウェアのみを利用できる。参加者はWebサイトとの接続に際して、ゲームの機能や運営に干渉する可能性のあるいかなる手段およびメカニズムやソフトウェアを利用してはならない。参加者はBytro Labsの技術上の許容能力に対して容認できないレベルまたは過度な負荷をかけるようないかなる手段も利用してはならない。特に、参加者はBytro Labsの書面による明示的な許可のない限り、Bytro Labsが作成するあらゆるコンテンツに対し、ブロック、上書き、改変を行ってはならない。

6.2 さらに、参加者はゲームの利用において、いかなる点に関してもすべての法令と規制を遵守する義務を有する。特に、参加者は性的なもの、人種差別的なもの、戦争や暴力を賛美するもの、または違法な性質を有するものや第三者の権利を侵害する可能性のあるコンテンツを公開はできない。

6.3 Bytro Labsは年間平均で80%以上のゲーム利用率を確保することを保証する。ただし、ゲームサーバがBytro Labsの責任に帰さない条件(例:不可抗力など)によりアクセス不能となる時間はこの条件から除外する。同様に、ゲームサーバにアクセス不能となるメンテナンスの時間は除外する。

6.4 Bytro LabsはWebブラウザを通じてゲームをオンラインに提供する。Bytro Labsは、参加者がゲームに参加するために自分のローカルコンピュータにインストールしなければならないようなソフトウェアを提供したり、そうしたソフトウェアの設定やインストールに関するサポートは提供しない。参加者が自分のコンピュータを、ゲームを利用できるように保持する責任は参加者自らのみに帰するものとする。ゲームがその他のシステム、例えばインターネット接続可能な携帯電話などでプレイされる場合、その利用範囲は限定される場合がある。

第7条 価格、支払条件、支払日

7.1 料金の支払いにより、参加者はゲームの基本バージョンでは利用できない付加サービスを獲得する機会を与えられる。かかる付加サービスの種別、機能および価格はゲームのWebサイトに掲示される。そうした付加サービスは、その機能に応じて、1回限りの支払いか、サブスクリプション形式の料金の支払いにより購入できる。これらの料金を伴う付加サービスは、参加者が特定の追加機能をゲーム内のルールに準拠する形で、特定の期間利用できるようにする。ゲームは定常的に開発され改良され続けるため、Bytro Labsは新しい付加サービスの提供を開始したり、特定の付加サービスの提供を停止したり、特定の付加サービスをゲームの基本バージョンでも利用可能とする権利を留保する。参加者が将来の特定の期間における付加サービスに対する支払いを行い、かつ、その提供が停止されたり、ゲームの基本バージョンでも利用可能になったことで利用できなくなった場合、Bytro Labsは参加者の意志に応じて、他の付加サービスを代用として提供するか、比例配分の原則に基づいて参加者に払い戻しを行う。上述の場合においては、参加者は契約を即時終了する権利を有する。参加者からのそれ以外の請求は除外される。

7.2 付加サービスの料金は前払い方式で、参加者によるサービスの有効化により請求が発生する。料金は参加者の提供した銀行口座またはクレジットカードの口座から引き落とされるか、その他の適切な支払い手段により支払われる。

7.3 Bytro Labsはこれらの価格を恒久的または一時的に下げることができ、また、恒久的ないし一時的に新しい製品、サービスあるいは支払い手段を提供できる。Bytro Labsはさらに6週間以上前をもって、書面ないし、参加者が提供したメールアドレスへの電子メールでの通知により価格を変更できる。参加者が価格変更の通知から6週間以内に反対しない限り、新しい価格が有効となる。その場合、契約は新たな条件および価格でそのまま継続する。Bytro Labsはこの変更を参加者に通知する際、参加者がこれに反対できる旨、および法的な結果、特に反対しなかった場合に発生する法的な状況について参加者に通知する。参加者が期限内に反対した場合、両者ともに1カ月の事前通告をもって契約を終了することができる。契約の終了までは、変更前の料金と条件が有効なまま継続する。契約が実際に終了した後の期間のサービスについての支払いは、比例配分の原則に基づいて払い戻される。参加者からのBytro Labsに対するそれ以外の請求は除外される。

7.4 支払いが遅延した場合、Bytro Labsはその時点の基本レートに対して5%の金利を要求できる。Bytro Labsはさらに、サービスの提供を即時に中止し、対応するアカウントを無効にし利用不能にする権利を有する。

7.5 参加者が自身の責において、または参加者の銀行口座の不足により引き落としの返金ないし引き落としのキャンセルに伴うキャンセル料金を発生させた場合、参加者はBytro Labsにそうしたキャンセル料金や費用を負担するものとする。Bytro Labsはキャンセル料金や費用を、本来の料金と合わせて参加者の口座から引き落としを行う権利を有する。料金の支払いが引き落としまたはクレジットカードを通じて行われる場合に引き落としの返金が発生した場合、参加者がいかなる損害も発生していない、または極めて限定的な損害しか発生していない旨を証明できない限り、Bytro Labsは銀行手数料に加え、サービス料として引き落としまたはクレジットカードのトランザクション1回につき、9.00EURを請求する。

7.6 参加者がBytro Labsに対して異議を申し立て、Bytro Labsがこれに反論しない場合、または法廷の決定により法的に強制された場合にのみ、これを相殺できる。また参加者がBytro Labsに異議を申し立て、その起源が同じ契約関係にあるものである場合、支払いを差し止めることができる。参加者はBytro Labsに対する異議の第三者への移管はできない。

第8条 期間および終了

8.1 参加者とBytro Labsとの間のあらゆる契約は、別途合意がない限り無期限に適用される。契約が特に期限を定めず無期限に有効となった場合、両者ともに、任意の時点で即時に契約を終了できる。

8.2 付加サービスの利用に関する契約がサブスクリプション形式で締結された場合、サブスクリプションは、15営業日以上前をもって停止されない限り、期間の満了時点で、同じ期間自動更新される。

8.3 両者の正当な理由に基づく契約の終了は上記の条項に影響されない。Bytro Labsが契約の異常な終了に責を負う場合、参加者は実効的に契約が終了した時点から起算して比例配分の原則に基づいて、その時点以降の期間に対するすべての支払いの払い戻しを受ける。当規約にそれ以外の指定がない場合、参加者はそれ以外の請求権を有しない。

8.4 Bytro Labsは以下の条件において契約を終了する場合がある:

参加者が、10.00EUR以上の料金の支払いを2回の督促を受けてもなお遅延させた場合

参加者が正当な理由なくいずれかの法律、当規約および付加サービスの利用に関する特定のルールなどに違反し、その違反が書面による通知を受けてもなお、本来の状態またはそれに類似する状態に復元されない場合

8.5 重大な違反の場合、契約は事前の書面通知なく終了される場合がある。重大な違反とは、Bytro Labsが契約を保持するべき正当な理由を失わせるものであり、以下の状況を含むがそれに限定されない:

a 参加者が刑事法に違反した場合

b 参加者がマルチアカウントの禁止に違反した場合(上記第4条、4.3項を参照)

c 参加者が許可されないスクリプトの利用禁止に違反した場合(上記第6条、6.1項を参照)

d 参加者が登録時(第4条参照)、または機能およびアプリケーションのコストに対する支払い(第7条参照)において誤った情報を提供した場合

8.6. 各契約の終了を有効にするためには、書面が交わされる必要があるが、この書面の必要条件は電子メールで満たされるものとする。契約の異常な終了に際しては、その終了の理由が記載されなければならない。

第9条 著作権

参加者は自らがゲーム内で公開したコンテンツについてのすべての権利を保有する。ゲームプラットフォーム上でコンテンツを公開した場合、参加者はBytro Labsに、ゲームプラットフォーム上の当該コンテンツに対して、その一般に対する表示、複製および全世界に対する配布を、無料かつ非独占的に許諾するものとする。Bytro Labは参加者により公開されたコンテンツに対して、それ以上の利用を行う権利は与えられない。この許諾は、参加者が自ら作ったコンテンツをゲームプラットフォーム上から削除した時点で終了するものとする。

第10条 データ保護

Bytro Labsは、ゲームのルール、当規約および適用法の遵守状況を監視するために、個人データを電子的に保管する権利を有する。さらに、個人データは請求も含め、契約の実行を目的として収集、処理および利用される。またIPアドレスおよびWebサイト利用の時間と種別についてのデータ、参加者が登録時に提供したメールアドレス、および参加者がプロフィールに提供したその他ののデータも保管される。また、Bytro Labsは参加者にBytro Labsの製品についての製品情報を送付するために、法律により追加の同意を必要としないとされている範囲内で参加者の個人データを利用できる。ただし、参加者が自身のデータについて、上記の利用に同意しない場合においてはその限りではない。参加者はいつでも不同意を表明できる。

Bytro Labsのプライバシーポリシーの全内容についてはここを参照。

第11条 コンテンツに対する責任

参加者間のコミュニケーションに関して、ゲームは参加者が互いにコミュニケーションを取るためのプラットフォームとして機能する。上記のコミュニケーションの内容および参加者がインターネットのサイト上で公開するコンテンツに関しては、参加者自身がその全責任を負う。Bytro Labsは、参加者によりプラットフォーム上またはゲームのインターネットサイトに公開された、性的、人種差別的、攻撃的、または違法な性質を持つあらゆるコンテンツに関して責任を負わない。いかなる形式であれ第三者の権利を侵害するコンテンツについても同様とする。これらに関する違反に対しては、該当のコンテンツおよび参加者のアカウントの即時削除およびブロック、または参加者との契約の終了による参加者のゲームからの排除が行われる場合がある。Bytro Labsはゲームのサイトのリンクからアクセス可能な他のサードパーティのサイトのコンテンツについて責任を負わない。Bytro Labsはそうしたサイトに対する管理を行っておらず、明示的にそのコンテンツに対する関連を否定する。

第12条 欠陥に起因する苦情と責任の範囲

12.1 Bytro Labsはゲームのその時点の現行バージョンのみを提示し、提供する。参加者はメンテナンス中または現行バージョンでなくなったゲームの特定の条件、または機能的な状態に関する苦情の申し立てはできない。参加者はゲームおよび付加サービスについて(他のソフトウェアと同様に)完全にエラーのない状態を維持することは不可能である事を理解する。したがって、ゲームおよび付加サービスは、その利用可能性が長時間にわたって深刻な影響を受ける場合においてのみ、欠陥を有するとみなされる。

12.2 参加者はゲームおよびサービスまたはBytro Labsの提供物について重大な欠陥がある場合、それを報告するものとする。報告は書面で、表示されるエラーメッセージのログと合わせて行うものとする。潜在的なエラーを報告する前に、参加者はBytro Labsが提供する説明およびトラブルシューティングツール(特にトラブルシューティング用のフォーラムのFAQ)を確認する。参加者はエラー除去のためにBytro Labsへの協力に最善の努力を払うものとする。

12.3 欠陥の報告は、参加者が発見次第、不当な遅れなく書面をもってBytro Labsに通知する。商品(仮想商品も含む)の明白な欠陥については、商品の受領後、2週間以内にBytro Labsに書面で通知しなければならない。この期限は報告がこの期間内に送られた場合に満たされるものとする。あらゆる欠陥は発見次第、不当な遅れなく報告されなければならない。期限内に通知が行われなかった場合、その欠陥に関するあらゆる苦情の権利は失われる。参加者自身の保護のため、および証拠の理由のために、参加者の上記の報告は書面(例:ファクシミリ、書状または電子メール)でのBytro Labsへの送付が推奨される。

12.4 Bytro Labsは外的な事象、参加者の操作の誤り、不可抗力またはBytro Labs以外の者により行われた、あるいはBytro Labsの責に帰すことのできない操作により引き起こされたすべての欠陥に対して責任を負わない。

12.5 Bytro Labsは書面により別途同意されない限り、いかなる保証も行わない。

12.6 Bytro Labsは故意または重大な過失により引き起こされたものでない限り、損害に対して責任を負わない。Bytro Labsはゲームに直接関連するものである限りにおいて、助言を行う責任を有する。

12.7 上記12.6項の制限は、個人的な生命、身体および健康への危害に対する責任については適用されない。これらは、損害が補償に対する違反の結果である場合には適用されない。これらは、主たる義務(すなわち契約上の義務、契約上の目的の達成に関して重要な順守、契約相手としてのクライアントが合法的に信頼する内容)および必要不可欠な義務に対する違反については適用されない。製造物責任法およびTKG 44 a節に準じるBytro Labsの責任は影響されない。

12.8 必要不可欠な義務の違反に関する責任は、合理的に事前に予期できると想定される範囲の損害に限定される。事前に予期できると想定される損害はアカウントごとに20.00EURに限定される。

12.9 上記の責任についての制限は、Bytro Labsのスタッフ、従業員、アシスタント、代行エージェント、貢献者、代理人、機関、株主およびメンバーに対しても適用される。

第13条 参加者のその他の義務と責任

13.1 参加者は、ゲームを他の多数の参加者とともに利用していることを理解し、付加サービスの利用時にはその他の参加者とコミュニケーションを行うことを理解する。楽しめるゲーム体験を実現するためには、ゲームのルールを順守する必要がある。参加者はゲームのルールと当規約を義務として受け入れる。参加者はゲームの監督者としてBytro Labが提供する指示に従う。さらに、参加者はゲームおよび付加サービスの運営に干渉し、楽しいゲーム体験を妨げる可能性のあるあらゆる行為を行わないものとする。

13.2 参加者はゲームを商業的あるいは違法な目的のために利用してはならない。

13.3 Bytro Labsは、Bytro Labs以外が提供したソフトウェアのインストールにより、参加者のローカルコンピュータ上で引き起こされるいかなる損害、およびデータの喪失に対して責任を負わない。

13.4 参加者はゲームに対するすべてのアクセスデータ(ログイン、パスワード等)を厳密に秘密に保つ義務を負う。参加者は、許可を受けていない第三者がそのアクセスデータを入手した事を発見した、または疑いがある場合、直ちにBytro Labsに通知する。参加者は他の参加者のアカウントまたはアクセスデータを利用してはならない。参加者は、自身の過失により自身のアクセスデータを第三者がゲームで利用した場合、参加者自身がその費用と損害に責任を負うことを理解する。参加者のアクセスデータを利用した全てのアクセスはその参加者本人によるアクセスとみなされる。Bytro Labsはセキュリティ上の観点からパスワードな定期的な変更を推奨する。

13.5 第三者によるアクセスデータの不正所持が信じられるべき理由がある場合、Bytro Labsはその責任の有無を問わず独自の判断により、事前の通知なくアクセスデータの変更や当該アカウントのブロックが可能である。Bytro Labsは速やかに本来のアカウント所持者に通知を行い、要請に応じて新しいアクセスデータを不当な遅れなく通知する。参加者は自身の元のアクセスデータの復旧を求めることはできない。

13.6 Bytro Labsはそのシステムをウィルスから保護する。しかしながら、参加者はウィルスの完全な排除は不可能である事を理解する。参加者は第三者によるBytro Labsの名をかたる不正な電子メール送信が、Bytro Labsの関知および合意なしに行われる場合があることを理解し、そうした電子メールがウィルスやいわゆるスパイウェア、またはウィルスないしスパイウェアを含むWebサイトへのリンクを含んでいる可能性を理解する。Bytro Labによるかかる行為の防止は不可能である。したがって、参加者はBytro Labsから、または同社の名前で送られてくるすべての電子メールを開封前にウィルスが含まれていないか確認する。これは他の参加者により送られる電子メールに対しても適用される。

13.7 Bytro Labsは通常、当規約または参加者とBytro Labsの間のその他の合意により別途指定されない限り、参加者に対するコミュニケーションは電子メールにより行う。参加者は、登録フォームからBytro Labsに送信された、あるいはそれ以降に指定されたメールアドレスに対してBytro Labsから送信されるすべての電子メールが受信可能であるようにする。特に、スパムフィルターは適切に設定し、このアドレスに対して送られる電子メールは定期的にチェックする。Bytro Labsはコミュニケーションにおいては他の適切な手段を選択できる。

第14条 当規約の変更

14.1 Bytro Labsは将来において、それが必要であると判明し、かつそれが参加者に不誠実な形で不利益をもたらすものでない限り、当規約を変更する権利を留保する。

14.2 当規約の変更は、変更が有効になる2週間以上前に、適切な書面をもって参加者に通知される。通知は通常、参加者の次のログイン時に行われる。

14.3 参加者は当規約の変更や修正に対し、通知を受けてから1カ月以内に抗議できる。参加者が期限内に抗議した場合、両者ともに1カ月の事前通告をもって契約を終了できる。その他の契約終了の権利は影響を受けない。契約終了後の期間のサービス料金の支払いは比例配分の原則に基づいて払い戻される。参加者が当規約の変更の通知から1カ月以内に抗議しなかった場合、規約に対する変更ないし修正は当該参加者に対して有効となる。

第15条 管轄権/適用法/書状の形式

15.1 当規約および当規約を適用して締結されるすべての契約、またはそれに関して申し立てられる苦情に対してはドイツ連邦共和国の法律が適用される。国際物品売買契約に関する国連条約の適用は除外される。

15.2 当規約のいずれかの条項が違法、無効または何らかの理由により強制力を持たない場合にも、ほかの条項の有効性及び執行可能性には影響しない。

15.3 Bytro Labsと参加者の間の契約に対するあらゆる変更や修正およびあらゆる追加事項は書面化される必要がある。書面化に対する必要性に対するあらゆる変更も書面で行われる必要がある。

Hamburg, 17 August 2012

Bytro Labs GmbH

Zirkusweg 2

20359 Hamburg

Germany

メールアドレス: info@bytro.com

専務取締役: Tobias Kringe, Christopher Lorken

登録事務所: Hamburg

HR-No.および商業登記: HRB 118884, Amtsgericht Hamburg

VAT(付加価値税)ID No.: DE263701383